So-net無料ブログ作成

大腸がん検査って、どうよ

日本では、毎年5万人の方が大腸癌で亡くなっているそうです。自分だけはならないと
考えている方でも、検査だけはしておくべきでしょう。

中でも大腸内視鏡検査を受けてみると、ポリープの模様から将来大腸がんになりやすいか
どうか分かるそうですよ。もしなりやすいという結果が出ても、定期的に「腺腫」とよばれる
良性ポリープを除去すれば、大腸癌になりにくいそうです。

「腺腫」はがんの芽のため、検査後に「腺腫」があったかどうか先生に確認しておくと
よいでしょう。


大腸内視鏡検査のいいところは、検査前に下剤を服用しますが、それで頑固な便秘が
改善することがあります。硬い便が腸に引っかかり、それが腸内で滞留することが
便秘の原因の一つですが、下剤を使うことで悪循環から抜け出せるからでしょう。

大腸内視鏡検査は、便潜血検査で陽性または下血・排便障害などの症状があり、
保険適用があれば7千円~3万円、自由診療だと3~9万円かかります。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。