So-net無料ブログ作成

口内フローラの増やし方って、どうしたらいいの?


「フローラ」と聞くと、「腸内フローラ」を想像する方が多いと思います。
腸の中の細菌の状況を示す言葉ですが、口の中も同じことが言えます。

口内フローラは、善玉菌9割、悪玉菌1割のバランスが最適だと考えられていますが、
悪玉菌の歯周病菌が血管に入り込むと、心筋梗塞・脳梗塞そして認知症、がん、
関節リウマチに影響を及ぼすそうです。

いかに歯周病菌を減らすかがポイントになりますが、通常の歯磨きでは取り除くことが
難しいです。歯周病菌は空気がキライなため、歯茎の間、歯と歯の間に潜んでいるから
です。

歯間ブラシや糸ようじなら、歯周病菌を書き出すことが出来るので、1週間に最低1回は
行うようにしたいものです。

その他にも、緑茶に含まれる「カテキン」は善玉菌には悪影響を与えず、悪玉菌の繁殖を
抑える効果があるそうです。緑茶でうがいしてみてるのもいいですね。粉砕粉茶だと、
カテキン成分を効率よく利用出来ますよ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。