So-net無料ブログ作成
検索選択

尿酸値を改善するのに牛乳がイイって、本当なの?


知り合いが痛風なので、いつも尿酸値を気にしているようです。本人によると、足の指に痛風が発症すると、とても痛くてたまらないんだそうです。

日本には、尿酸値が高い方が1,000万人以上いると言われていますが、意外にも若い人が多いとか。普段から水を多く飲むなど努力されている方も多いでしょうが、なんと牛乳1杯飲むだけで尿酸値が改善するそうです。

尿酸を作り出す要因として、食べ物は2割程度、残り8割は新陳代謝が原因だそうですが、痛風の原因であるプリン体自体は遺伝子の部品であり、新陳代謝や激しい運動で細胞が壊れると、中から出てきて尿酸に作り変えられるのです。

尿酸値が高くても上手く体外へ排出できれば問題ないのですが、そのように出来ない患者さんが全体の9割を占めているそうです。排出を阻害しているのは「肥満」と「体質」です。肥満になると、血糖を処理するインスリンが余りがちになり、それが尿酸排出の障害となります。

そこで牛乳を飲めば尿酸の排せつを手助けしてくれるので、高尿酸を防ぐことが可能になるわけです。お酒が尿酸を作ってしまうこと、甘いスイーツも尿酸の原因となるので控えるようにしましょう。野菜を多く摂るのも尿酸の排せつに役立ちますのでたっぷり摂りたいものです。水を多量に飲むことは、尿酸値の上昇や結石の予防に繋がります。



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。